タトル出版トップ > よくあるご質問

よくあるご質問

※質問をクリックすると回答が表示されます

Q1:このサイトで直接買えないのですか?
A.個人のお客様に直接お売りしておりません。お手数をお掛けして申し訳ございませんが、リンク先のネット書店か、お近くの書店様でお買い求め下さい。
Q2:近所の本屋に行ったら置いていなかったのですが?
A.書店様に店頭在庫がない場合は、お取り寄せをご依頼下さい。その際は書名と一緒にISBNをおっしゃって頂ければ間違いはございません。弊社商品のお取り扱いの多い書店様に関しては、“取扱書店様”のページに掲載している書店様をご参考ください。
Q3:ISBNって何ですか?
A.国際標準の図書コード(商品番号)の事です。基本的には一つの書籍に、一つのISBNが、割り当てられています。改訂等で内容が変更された場合には、新しい書籍として別のISBNが、割り当てられます。弊社の場合は少し特殊で、一つの書籍が二つのISBNを持っている場合がございます。これは日本市場向けのISBNを別に割り当てている場合です。978-の次が「国別記号」で、日本は「4」になります。
従いまして、同タイトル・同内容でも978-0~と978-4~の、2種類のISBNコードが存在する場合、日本では978-4~の方のみを販売しております。
Q4:海外で買った場合と、値段が違うのは何故ですか?また、価格の変更はありますか?
A.日本では、書籍にのみ「再販制度」という法律があります。日本市場では「定価」での販売が義務づけられているため、どの書店様でも日本円での価格の変動はございません。しかし国外では書籍も自由価格のため、販売者が任意に販売価格を変更することが出来ます。結果、日本国内と価格が違う場合もございます。(為替レートの問題もございます)日本国内での価格改定は、時勢に応じて適正に行わせて頂いております。
Q5:タトルのアメリカサイトなど、日本以外のサイトと扱っている商品が異なるようですが?
A.はい。我々はグループ会社ですが、出版契約上、販売国が限定されている場合がございます。結果、日本で販売出来る書籍、また日本で販売出来ない書籍が存在します。現在日本で販売可能なタイトルについては、このサイトに全て掲載しております。出版元がタトルなのにかかわらず、このサイトに掲載されていないタイトルは、現在日本では入手出来ない(販売出来ない)タイトルか、絶版になります。
Q6:画面での検索の仕方が良く分からないのですが?
A.フリーワードでお探しになるか、ジャンルで絞り込んで該当商品をお探し下さい。
フリーワード検索は、タイトル・ISBN・著者・訳者等から検索出来ます。ISBNはハイフンを入れてもらっても、入れなくてもどちらでも可能です。タイトル及び著者は、全て漢字・カタカナで登録していないものもございますので、カタカナでヒットしなかった場合、お手数ですがローマ字(アルファベット)で再入力して下さい。
Q7:「タトル出版」って「ペリプラス」とは違うのですか?また、以前にタトル出版以外の書籍も扱っていませんでしたか?
A.以前は、グループ会社であった「タトル商会(現在は営業しておりません)」が、タトル出版の出版物と輸入した海外の出版物も販売しておりました。その後、別会社として独立しシンガポールに本拠を置く「ペリプラス」グループと合併いたしました。現在では、タトル出版は、自社出版物(タトル出版)と「ペリプラス出版」の出版物のみを制作・販売しております。また、沖縄の「タトルブックショップ」、翻訳権利代理店の「タトル・モリ・エージェンシー」も、独立した別会社となっています。
Q8:紙のカタログは有りますか?
A.はい、印刷したカタログがございます。お申し付け頂ければお送り致します。
Q9:画像や文章を少しだけ使っても良いですか?
A.当サイト上の画像、文章は、すべて権利者に帰属しています。また、書籍の中の写真、文章も同様です。ご使用になりたい場合は、弊社へお問い合わせください。当サイトからのコピーや、ダウンロード、加工、改ざん、また第三者への配布等、著作権を侵害する行為は、硬くお断りいたします。(URLのリンクは可能です。)
Q10:出版して欲しい原稿が有るのですが、送ってもよいですか?
A.日本では、原稿の受付はしておりません。下記のサイトをご覧いただき、応募要項をご確認の上、アメリカの編集部あてに、英文の原稿をお送りください。
https://peripluspublishinggroup.com/tuttle/editorialsubmissions.php
Q11:著者の方に連絡を取りたいのですが?
A.プライバシー保護からご連絡先はお教え出来ません。弊社宛に著者へのメール、手紙を送って頂ければ、転送する事は可能です。但し、返信していただけるかどうかは判りませんので、著者からのお返事については責任を負いかねます。
Q12:授業で採用したいのですが、献本はつきますか?
A.はい。50冊で1冊の無料献本になります。